ページタイトル

ホーム > 新着情報 > 2018年1月

2018年1月

2018.01.11アマダイ(甘鯛・尼鯛)

1月11日は "鏡開き(鏡割り)"

正月にお供えした "鏡餅" を木槌で叩いて割って
お雑煮や、お汁粉にして食することで、健康と発展を祈る儀式

松の内(門松を飾っておく期間)、年神様の居場所である "鏡餅"
松の内が明けた後、これを頂くことで神の力が宿るとされてきました

江戸時代、武家社会において "1月20日" に行われていた鎧具足に供えた "具足餅" 
これを下げてお雑煮などにし 「 刃柄(はつか)」 を祝おうとした行事

鏡開きは、この武家社会の行事が一般化したものと言われてます
江戸城では重箱に詰めた餅や餡が大奥にも届けられお汁粉にして食されました

刃物で餅を切るのは "切腹" を連想させるとして、手や木槌で割ることとしました

そして 「 割る 」 という言葉が "忌み言葉" として
これを避け 「 開く 」 いう言葉に置き換えられ "鏡開き" とされました

元来、松の内は元日から1月15日であり、松の内が明けた1月20日に行われていましたが
徳川家光が4月20日に亡くなったことから20日を避け、1月11日になりました

それに伴い、関東近郊では松の内は1月7日までに

しかし、全国的な広がりにならなかったため関西などでは
今でも松の内は1月15日までで、鏡開きは1月20日に行われます

結婚式やパーティーなどで日本酒の樽の蓋を木槌で割ること
これも、鏡開き(鏡割り)と言います

これは、日本酒の樽の蓋のことを "鏡" と呼ぶことからきてます

蓋を叩いて "割る" のであるから、直接的な表現としては
"鏡割り" になるのでしょうが、お祝いということで "鏡開き" とされます

私たちが目にする時は "お祝い" の場合が多いでしょうから
鏡開き・鏡割り どちらも "有" なのですが "鏡開き" の方が無難なようです


スズキ目キツネアマダイ科

名前に鯛とありますが、マダイとは全く関係ない所謂 "あやかり鯛"
日本近海では赤、黄、白の三種が水揚げされます

身に甘味があることから "甘鯛"
横顔が頬かむりした尼僧のように見えることから "尼鯛"

京都や福井では "グジ" と呼ばれます

「 身がぐじぐじしてるから 」 「 釣り上げるとグジグジ鳴くから 」 という説や
屈折した頭から "屈頭(グヅ)" が転じたとも言われています

体型は前後に細長く側扁しており、頭は額と顎が角張り
目は額の近くにあってちょっと個性的な姿、形をしています

しかし姿からは想像できないほど味わいは繊細
脂肪分が少なく水分は約80%、身質は柔らかく水分を飛ばすことで味が引き立ちます

焼き魚や干物の他、ムニエルやポアレ
漬け魚にしてよく、鮮度が良ければ昆布締めにしても最高です

また、鱗も美味しくいただくことができ、鱗を付けたまま焼く "松笠焼" や
鱗だけを漉き取って揚げても美味しく頂けます

新年早々、天候が芳しくなく魚の入荷もちょっと淋しい状況
早く落ち着てくれることを願います

投稿者 : 鮮太スタッフ | 投稿時間 : 2018.01.11 11:15 AM

先頭へ戻る

月別一覧

先頭へ戻る