ページタイトル

ホーム > 新着情報

2016.08.20どうまんがに

台風9号・10号に引き続き 11号が発生

21日未明には東北地方に接近、北海道付近には前線も停滞しているため
北海道・東北地方では大雨に加え、強風・高浪にも注意が必要です

9号は22日、関東・東海地方に接近、上陸の可能性もあります

そんなこんなで、売り場に "魚" がいません(涙)
週明け以降も? ・ ・ ・ 何とか早く回復してくれるといいのですが

数少ない売り物のひとつ : どうまんがに(浜名湖産) 
正式名称は "トゲノコギリガザミ"

オーストラリア・東南アジアから、房総半島辺りまで生息
"マッドクラブ" や "マングローブガニ" と言われる物と同種です

浜名湖の他には高知、沖縄でしか商業漁獲が行われてなく
生活圏としての北限は浜名湖であるという暖かい地域の "カニ" です

塩分濃度が高い南方で獲れる物は泥臭さを感じさせます
それに対し別種と思わせるのが、高知浦戸産や浜名湖産です

特に汽水域で塩分濃度が低い "浜名湖産" は築地での評価も非常に高くなっています
表示も、浜名湖での呼び方 "どうまんがに" として取引されます

高知では "えがに" または、本当のかに という意味で "真がに" と呼ばれています

資源保護を目的に、夏から秋の漁期を除いて、禁漁とする浜名湖に対し
高知浦戸湾では禁猟期がなく周年にわたって漁が行われています

稚カニを放流するなど、資源保護と育成を行っている地域の者からすると
処変わればとはいえ、ちょっと違和感のある感覚です

今から数年前、過去に例がないほど大量に獲れた年がありました
しかし、ここ1~2年は全くの不調!

今年は、どうなるでしょうか!

どうまんがには、オス・メスそれぞれに楽しみがありますが
人気ということでは、子持ちのメスにあります

身の旨さに加えて、内子の豊潤な味わいを楽しめます
独特の香りがあり、味は濃厚ながら脂肪分が少ないためしつこさは感じません

メスの時季にはまだちょっと早く、もう少し時を待たなければなりません
期待を込めて首をなが~くして待ちましょう


日本選手の連日の活躍・目を見張るものがあります

前回ロンドンオリンピックの獲得メダル数38個をすでに超え、過去最多の40個
初めて獲る種目もあり、次回東京オリンピックに向け期待が高まります

リオデジャネイロオリンピックもあとわずか
選手のみなさん、最後まで全力を尽くしてください!

がんばれ 日本!!

投稿者 : 鮮太スタッフ | 投稿時間 : 2016.08.20 10:49 AM | 商品情報 一覧へ

先頭へ戻る

2016.08.09オリンピック開幕

リオデジャネイロ オリンピックが開幕しました
連日、日本選手の活躍に寝不足気味の方も多いかと思います

出場全階級でメダルを獲得している好調・柔道陣では
大野将平選手が2008年・北京大会以来2大会ぶりに金メダルを獲得しました

また、2004年・アテネ大会以来3大会ぶりとなる日本男子体操チーム
悲願の "団体金メダル" を獲得

競泳種目においても400m個人メドレーで、萩野公介選手が金・瀬戸大也選手が銅と
複数メダルを日本にもたらし選手団を勢いづけています

選手のみなさんは "日本代表" として日の丸の元に奮闘していますが
あくまで、個人の努力の成果としてのオリンピック出場です

何より、自分自身が納得し楽しんで競技して頂けたらと思います

スポーツ界がオリンピック一色となっている感がありますが
こんな時でも "あの人" さすがです

イチロー選手・米メジャーリーグ3000本安打達成

数々の金字塔を打ち立ててきたイチロー選手 その記録に新しいページが加わりました

長い歴史と数多くの選手がプレーをしてきた アメリカ:メジャーリーグ
その中にあって、わずか29人しか到達していなかった 3000本安打

メジャー16年・2452試合目で、史上30人目の到達者となりました

投手として日本人メジャーリーガーの扉を開けたのが野茂英雄さん
現在もダルビッシュ投手、田中投手、岩隈投手、前田投手など一線級で活躍してます

野手として日本人メジャーリーガーの扉を開けたのはイチロー選手
しかし以後、松井秀喜選手を除いて成功したとは言えません

それだけに、イチロー選手のスゴさが改めて解ります

イチロー選手は 「 50歳までプレーを続行したいとのこと 」
数々の壁を乗り越えたイチロー選手なら、可能かも知れません

今後も活躍、期待しています!


"亀の手"

見た目の形状が似ていることから名付けられました
地域によっては "タカノツメ" と呼ぶところもあります(見ようです)

岩礁帯の割れ目に群生する固着性の "甲殻類"
テトラポットの間など、比較的容易に見つかったりします

決して珍しい物ではありませんが流通にのることがあまりなく
入荷すると "案外" 高値で取引されます

見た目は貝類にみえますが、フジツボ類と同様 甲殻類
エビ・カニ・貝をたして3で割ったような味がします

甲殻類であるにもかかわらず貝の風味がするのは、大量の "コハク酸" によるもの
コハク酸は、ホタテの旨味成分でもあります

コハク酸はエネルギー代謝を活発にし、タフで疲れにくい身体を作ります
海のエキスをたっぷり湛え、強壮作用のあるパワーフードです

スペインでは "ベルセベ" という名で高級食材として扱われています
塩ゆでしたものをワインで食します

どーりでラテン系男子 元気なわけです!

スッポンのような "本家 亀" ではありませんが
亀の手 なかなかやります!

投稿者 : 鮮太スタッフ | 投稿時間 : 2016.08.09 9:39 AM | 商品情報 一覧へ

先頭へ戻る

2016.07.30メイチダイ

丸っこい体型は側扁していて、高い体高を持ちます
体表には数本の縞があります

頭にある "縞" が目の上を通り目の中に ① の字があるように見えるため
"メイチダイ(目一鯛)" と呼ばれます

この辺りでは "イチミダイ(一味鯛)" と言い
むしろこのほうが、とおりが良いかもしれません

日本では中部以南の太平洋側に分布、岩礁域やサンゴ礁域に群れて生息し
小魚や甲殻類を捕食します

底性で水深100メートル位の海底付近に多く見られます

個体数自体が少なく、岩場に生息しているため
"狙って獲る漁" ではなく、網に偶然混じるような感じです

"まぼろし" というには大袈裟ですが、入荷数(機会)があまり多くなく
"希少高価な魚" と言えます

"メイチダイ" とありますが、マダイとは違いタイ科ではなく
フエフキダイ科・・・・なんとなく似てる気もします

マダイの身が、白身の中にうっすら血合いが入るのに対して
メイチダイの身はむしろヒラメに近く、真っ白で血合いはほとんどありません

淡泊で上品な中にも甘味がある脂がほどよく乗っており
夏の白身としては一押し、刺身は絶品です

目に独特の臭みがあるため、傷つけないように注意が必要です

夏限定、秋にはいなくなってしまいます
見つけたら是非、御賞味ください

7/28 関東甲信地方に続き 7/29 東北地方でも梅雨明けし
梅雨のない北海道を除いて全国で梅雨明けしました

梅雨入り・梅雨明けには "一応" 定義があるようです

梅雨前線の影響で前日と本日が雨で、その後1週間で5日以上雨か曇り(梅雨入り)
梅雨前線が北上し前日と本日が晴れ、さらに週間天気で5日以上晴れ(梅雨開け)

わかったか、わからないような感じです

実際 "梅雨の中休み" などあって梅雨入りより、梅雨明けの判断の方が難しく
梅雨明けをしないまま秋になった年もあったそーです

いずれにしても、これから本格的な "夏"

お体には十分お気を付けください

"7/30 土用の丑の日"  すっかり日本人の生活に定着しています
しかし 7/30 は同時に "梅干しの日" だそーです

和歌山県・みなべ町の東農園が制定した "記念日"
「梅干しを食べると難が去る」 の言葉に因み 「なん(7)がさ(3)る(0)」と語呂合わせ

疲労回復効果を期待できるクエン酸を豊富に含まれた梅干しは
夏に積極的に摂り入れたいものです

食べ合わせとして 「 うなぎと梅干し 」 と言われますが
栄養的・医学的にはむしろ理に適っているそーです

どういうこと・・・・・?

投稿者 : 鮮太スタッフ | 投稿時間 : 2016.07.30 11:03 AM | 商品情報 一覧へ

先頭へ戻る

2016.07.23ウロハゼ(虚鯊・虚沙魚)

7月22日は、一年中で最も "暑い時季" を示す 大暑(たいしょ)
皮肉にも東日本ではそれまでの暑さが一段落、朝晩は涼しい風が吹いてます

大暑は期間を表す言葉でも使われ、この日から "立秋" までを言います

「暑中見舞い」の暑中は "暑い中" すなわち大暑(小暑)から立秋までに出すもので
この期間を過ぎてしまったら「 残暑見舞い 」 になります

日本では暦がズレ、むしろ残暑といわれる時季の方が夏本番といえるかもしれません
いずれにしても、これから本格的に暑くなりそーです!

暑さが厳しくなると体力的にも消耗が大きくなります
ますます、休養と栄養補給が重要になります

夏の栄養補給といえば "ウナギ"  7月30日は 「 土用の丑の日 」 です

"土用" とは 「 五行 」 に由来する雑節
五行思想(五行説)は古代中国に端を発する自然哲学の思想

万物は木・火・土・金・水の五種類の元素からなるというもの

四つの季節に、春(木気)・夏(火気)・秋(金気)・冬(水気)をあて
残った "土気" を季節の変わり目に割り当てました

土用は各季節の変わり目であり、四立(立夏・立秋・立冬・立春)の直前18日目ですが
今日的な使われ方としては、立秋直前の "夏の土用" を指します

土用の最初の日を 「 土用の入り 」といい、 土用最後の日が 「 節分 」 となります
夏の節分? 全くピンときません!

庶民の手から離れつつある "ウナギ" に代わる、丑の日商戦が繰り広げられています

イオンでは近畿大学と連携して "ナマズの蒲焼" を売り出し
そごう・西武は "ハモの蒲焼" を・・・・・・

ここまではわかりますが "豚肉の蒲焼" 他120種の "蒲焼" を用意するそーです
こーなると "ウナギ" なのか "蒲焼" なのか、本筋が全く分かりません?

もう少し、お手頃にウナギが頂けると嬉しいですね!


ウロハゼ(虚鯊・虚沙魚)

ハゼの仲間としては大型で最大25cm位になります
マハゼに似ていますが、頭が大きく体型が太くて短いのが特徴

ウロハゼという名前は丹後・舞鶴地方での呼び名
洞窟などのことをウロ(虚)と呼ぶことに由来、岩の間に隠れる生態を表現してます

浜名湖では秋から冬にかけて旬を迎える "マハゼ" に対して
夏に旬を迎えることから "ナツハゼ"

高知では水門を表す "ユル" に因み、水門に集まる習性から "ユルハゼ"
岡山ではマハゼを "シロハゼ" と呼ぶのに対して 色が黒いので "クロハゼ"

多くの地方名を持ちます 

このような姿をしてますが、味はなかなかのもの
煮付け・焼き物・刺身・天ぷら 淡泊ながら味わいがあります

大暑の日は別に "天ぷらの日" でもあります

「そんな日があるんだ!」くらい、マイナーな日ですが 
土用の丑・焼肉の日(8/29)・と並ぶ "夏バテ防止三大食べ物の日" だそーです 

"天ぷら" 食べて、暑い夏を乗り切って・・・・・

やっぱり ピン ときません!


投稿者 : 鮮太スタッフ | 投稿時間 : 2016.07.23 8:35 AM | 商品情報 一覧へ

先頭へ戻る

2016.07.12ブドウ

ブドウの種類が増えてきました、夏ですね
今では多くの品種が栽培され、夏から秋にかけて店頭を賑わします

現在、日本で最も多く栽培されているのは "巨峰" 
栽培されているブドウの約35パーセントを占めます

巨峰は 「 石原早生 」 と 「 センテニアル 」 を交配させた日本原産のブドウ
1945年に発売され、開発当初は「石原センテニアル」という品種名が付いていました

しかし、1955年商標登録した「 巨峰 」 の名称の方が普及したため
現在では 「 巨峰 」 が品種名とされています

この "巨峰" という名称の由来は
研究所から見える富士山の雄大な景観にちなんで付けられました

他のブドウに比べ実が大きなことから 「 ブドウの王様 」 とも呼ばれます

房の粒数と糖度に関連性があり、数が多いと糖度は低下し色が薄くなり
粒数を少なくすると色は濃く糖度は高くなるが、収穫量が低下する難しさがあります

その巨峰に "カノンホールマスカット" を交配させたのが ピオーネ
見た目が母親(巨峰)そっくりで、正に親子、単独でみると判別できません

巨峰の血を受け継ぎ、色は濃い紫から紫黒色をしており 「 黒い真珠 」 と呼ばれます
その色はポリフェノールの一つ "アントシアニン" から出来ています

巨峰に比べ、日持ちが良く大粒で実がつまり、果汁が豊富
強い甘味とさわやかな酸味を持ち、父親(マスカット)譲りの爽快な香気があります

"ピオーネ" とは イタリア語で 「 開拓者 」 を意味します
当初は英語での "パイオニア" でしたが、登録直前で、イタリア語になりました

何か、あったんでしょうか!

写真中央部、果皮の色が緑黄色のブドウは "シャインマスカット"
2006年(H18年)に品種登録された、比較的新しい種類のブドウです

糖度18-20度と高く酸味は控えめ、果汁が豊富でマスカットの芳香を持ちます
果皮が柔らかく皮ごと食べられパリッとした歯ごたえ、実には上品な甘味があります

シャインマスカットは 「 安芸津21号 」 と 「 白南 」 の交配で生まれました

安芸津21号は、スチューベンとマスカット・オブ・アレキサンドリアから
白南は、カッタクルガンと甲斐路の組み合わせで作られています

シャインマスカットは両方の "祖父母" の 「 いいとこ取り 」
遺伝子のすごさ、御先祖様に感謝です!


7月のところと8月のところがありますが、御当地浜松市は多くの場所で7月が "お盆"

13日には "御先祖様が迷わず自宅にたどり着けるようにと" 迎え火をします
そして、キュウリとナスを馬と牛に見立てた "精霊馬" を飾ります

「 来る時は馬に乗って早く着くように、帰りは牛に乗ってゆっくりと帰るように 」の
願いが込められています

御先祖の皆様、御準備 いーですか!


投稿者 : 鮮太スタッフ | 投稿時間 : 2016.07.12 10:36 AM | 商品情報 一覧へ

先頭へ戻る

月別一覧

先頭へ戻る