ページタイトル

ホーム > 新着情報

2016.06.30マナガツオ

"真" にうまい魚という意味で 真名鰹(マナガツオ)

カツオが獲れない "瀬戸内" で、これをカツオに見立て
真似鰹(マネガツオ)が転訛したという説

その名の由来には諸説があります

「 西海にサケなし、東海にマナガツオなし 」

サケが東日本で獲れ、西日本で獲れないように
マナガツオは西日本では獲れるが、東日本では獲れないこと表しています

地域性の高い魚のひとつで、古くから関西・特に京都での人気が高く
関東ではあまり珍重されず "漬け魚" というような位置づけをされてきました

近年、関東での評価も高まり高級料亭などで使われますが
一般人が目にすることはあまりないよーです

熱を加えても固くならず、身離れが良いことから
西京味噌を塗って焼く "西京焼き" など、焼き物に最適

他に蒸し物、干物、鮮度が良ければ刺身にしても GOOD!です

クラゲ類を好んで食べるため内臓が小さく捨てるところが少ない歩留まりの良さは
その食味と併せて、マナガツオの大きな魅力です

「 真魚始め(まなはじめ )」
子供に生後初めて魚肉を食べさせる儀式・真魚の祝い とも言います

鎌倉時代から行われるようになり、始めは3歳だったのが
室町時代には101日目、江戸時代には120日目となりました

これは今でいうところの " お食い初め "
「 子供が一生食べるものに困らないように 」 と願う儀式です

その席には "鯛" や、昔はメデタイ魚とされた "カツオ" が
カツオが獲れない地域では "マナガツオ" が代用にされました

今、まさに旬 是非ご利用おねがいします!


波乱が起きました・衝撃です!

ヨーロッパ最強国を決めるサッカーの大会 「 UEFA EURO 2016 」
決勝トーナメント1回戦で波乱が起きました

何と優勝候補の一角と言われていた "イングランド" が
小国 "アイスランド" に敗れてEUROの舞台がら "離脱" しました

さらに大きな衝撃はイギリスが国民投票の結果
「 EU(欧州連合) 」 がら離脱するというニュース(驚)

同じくイギリスを構成する スコットランドはEU残留を希望しており
イギリスから "離脱" する可能性を示唆しています

他にも色々な動きがあり、このままでは 「 大英帝国 」 ではなく
「 小英帝国 」  に成り下がってしまうかも知れません

EU離脱に賛成した人達も、事の重大さを認識してきたようで動揺が広がってます
一時の浅慮が、後に禍根を残す事・・・・・!

日本でも "政権選択" ではありませんが参議院議員選挙があります

よーく考えて、意思表示を!

投稿者 : 鮮太スタッフ | 投稿時間 : 2016.06.30 10:08 AM | 商品情報 一覧へ

先頭へ戻る

2016.06.21もみいか

本日 6月21日は二十四節気のひとつ 夏至
一年で "昼(日の出から日没まで)" の時間が最も長い日です

とは言っても日本では、この時期 「 梅雨 」 真っ只中
今日も日の出は見られなかったため、実感としてあまり感じません

日の出の時間が最も早い日、日の入り時間が最も遅い日は、夏至の日とは一致しません

日本では日の出が最も早いのは、夏至の一週間ほど前
日の入りが最も遅いのは、夏至の一週間後くらいになります

これからはどんどん "昼の時間" が短くなる
一年、本当に早く過ぎてゆきます


能登名物 もみいか(丸干しいか)

やや小ぶりのイカを塩漬けして下味をつけてから
ワタを取らずそのままにして身の上から、手でもみつぶします

身の中でつぶれたイカワタが下味した塩分と一緒にしみわたります
それを乾燥させて "仕上げ" ます

江戸時代の終わりに、富来(とき)の漁師が函館に出稼ぎに行った折り
「両親に美味しい物を・・・」と思い、イカを塩漬けした物を持ち帰りました

俵に詰め込んで持ち帰った "イカ" は塩辛くて食べられませんでした
仕方がないので、そのイカを手でもんで塩抜きをして天日で干して乾燥させました

これが "もみいか" のルーツとされています

もみいか として使われているのは スルメイカ

古来、日本周辺の海域にすむ固有種でしたが
今では北太平洋からベトナム周辺にも生息しています

英名でも "JAPANESE FLYING SQUID" と表記されます

日本周辺に多く生息しており、国内の魚貝類中最も漁獲高が多い魚です
イカ類は日本人が最も食する魚貝類ですが、その半数以上をスルメイカが占めます

そのため、イカの中のイカということで "真イカ" とも呼ばれます

これを干したものが スルメ

といっても "スルメ" の原料はスルメイカばかりではありません

高級と言われる ケンサキイカやヤリイカでも作られ、これらは一番スルメと呼ばれ
スルメイカで作られる "スルメ" は二番スルメ などとも言われます

また、スルメは昔から縁起物として "祝い事" に欠かせない物でした

結納品に用いる "寿留女(スルメ)"

"寿" は長寿・幸福を "留" は嫁ぎ先に長く留まる "女" は良妻を 表します

スルメは長持ちすることから 「 幾久しく幸せな家庭を築けるように 」との願いや
「 かめばかむほど味が出る夫婦になる 」 などという説もあるそーです?

また、神様への供物として 「 勝栗・昆布・米・塩・カヤの実 」 とともに
相撲の土俵の中に埋められています

このように、日本人のくらしに密接な スルメイカ

今年は不漁のようで、心配です!

投稿者 : 鮮太スタッフ | 投稿時間 : 2016.06.21 1:09 PM | 商品情報 一覧へ

先頭へ戻る

2016.06.11白バイ貝

加賀から能登の外浦側で獲れる エッチュウバイ(越中バイ)
内浦側の富山湾で獲れる カガバイ(加賀バイ)

分布地域が完全に分かれているわけではありません

しかし "加賀" で獲れるのに 越中(富山)バイ
"越中" で獲れるのに 加賀(石川)バイ ・ ・ ・ 冗談のよーです

越中バイや加賀バイのように "白い色" した貝のことを
ここ浜松だけでなく、関東の市場でも "白バイ貝" と呼びます

写真は 越中バイ

殻が薄く、漁獲するときに割れてしまうこともままあります
それに比べ、加賀バイは殻が比較的厚く、色も越中バイに比べ茶味が濃くなります

エゾバイ科の巻貝で、ツブやエゾボラなど "仲間" が多く
味が良いことでも知られています

刺身で食べることが普通である西日本では大きなものに評価が高く
煮て食べることが多い関東では、小さいものが高く取引されます

ワタも身も大きく、貝としては歩留まりが良い方でお得
ワタは苦みがなく濃厚な味わいを持ちます

ツブなどの唾液腺には "テトラミン" という毒があり頭痛やふらつきなど 
"酒酔い" に似た症状を発することがありますが、越中バイは "無毒"

身は柔らかく、甘味があって非常に美味
特に旬の時期はありませんが、獲れた時が旬です

是非、お召し上がりください!

4年に1度:オリンピックイヤーに行われる欧州サッカーの最強国を決める戦い
「 UEFA EURO 2016 」 が開幕しました

予選を勝ち抜いたヨーロッパ各国の "代表チーム" 24か国で本選を戦い
7月10日までの1か月間、フランスの地で優勝を争います

そのレベルは高く、ワールドカップより熾烈な戦いと言えます
寝不足の人 増えそーです(笑)

そのヨーロッパ(欧州)で6月23日・重要な決定がなされます

イギリス国民投票

イギリスが、欧州連合(EU)を離脱するのか、このまま留まるのか
二者択一で国民の意思を問います

EUは欧州連合条約に基づく経済通貨同盟、共通外交、安全保障、刑事司法協力など
幅広い分野での協力を進めている政治・経済統合体

経済通貨同盟については国家主権の一部を委譲、域外に対する統一的な通商政策を
実施する世界最大の単一市場で28か国からなります

イギリスはEU加盟国ながら、単一通貨ユーロでなく自国通貨ポンドを持ち
主権や独自性を重視して、一定の距離をとってきました

EUという "国家を超えた壮大な実験"

世界はイギリスの決断を固唾を飲んで、見守っています!

投稿者 : 鮮太スタッフ | 投稿時間 : 2016.06.11 10:02 AM | 商品情報 一覧へ

先頭へ戻る

2016.05.31ワタリガニ(渡り蟹)

泳ぎが上手なことから、英名では "Swimming crab" 
海の中を泳ぎ渡ることから、日本では "渡り蟹" と呼ばれます

一番後ろの脚は扁平している "遊泳脚" と言われるもので
ボートのオールのような働きをする特徴的な形をしています

北海道から台湾までの波が穏やかな内湾で
水深30メートル位までの比較的浅い砂泥底に生息しています

瀬戸内で "カニ" といえば本種を指すほど身近な物で
ズワイガニやタラバガニ、毛ガニが知られるまでは、最も一般に知られたものでした 

しかし数が減少し、大型のものは高級品と言えます

活発に泳ぎ回ることから身は引き締まっており美味
他の蟹が "足" を食するのに対し、渡り蟹は "胸肉" を食します

栄養価としては、骨の生成に欠かせないカルシウム、マグネシウム、リンが豊富
抗酸化作用のあるアスタキサンチン、貧血の改善に役立つビタミンB12を多く含みます

何もしないでそのままゆでると自切(自分で足を切ってしまう)するので
足を縛るなり、氷で〆るなど "一手間" が必要です

これから夏にかけ数が上がってきます、楽しみです(嬉)!


5月26・27日 三重県志摩市賢島 「 志摩観光ホテル 」 でG7サミットが開催されました

日・米・加・英・独・仏・伊の先進7か国の首脳に
欧州理事会議長・欧州委員会委員長を加えたメンバーで構成される国際会議

第一回は1975年 東西冷戦下、オイルショックなどの影響から世界経済が混迷
先進国の間で首脳レベルで総合的に議論する場が必要との認識で一致

時の仏大統領ジスカール・デスタンの提案によりパリ郊外のランブイエ城で開催
日・米・英・独・仏の5か国の予定が、不服とした伊が会議に乗り込み6か国に

ヨーロッパに偏っていることから翌年、アメリカ:フォード大統領の提案により
カナダが参加することで現在のG7になりました

伊勢志摩サミットでは、首脳の配偶者に日本文化を知ってもらうことや
おもてなしの一環として、食事がふるまわれました

その調理を任されたのが、ドラマ:高校生レストランのモデルになった
三重県にある "まごの店" を運営する三重県立相可高校・食物調理科の生徒さん

高校生とは思えない完成度で参加した首脳配偶者も、大満足でした
接客、調理にあたった生徒さんはとっても良い経験を得、表情が輝いていました

高知県立高知海洋高校では航海コースの生徒さんが水揚げしたマグロを
食物コースの生徒さんが缶詰などに加工しています

そのマグロを "解体" する担当者を "ツナガール" というそーです
解体技術の最も優れた人がなり、男子生徒の場合はその年のツナガールはいません

現在は8代目ツナガールが襲名されています

当初は単なる 「 解体担当者 」 でしたが東日本大震災以降
「 みんなでつながろう 」ということから "ツナガール" と命名されました

ツナガールは実習だけでなく、イベントにも呼ばれ解体ショーを行ったりします

6代目ツナガールの藤田由真さん、将来は和食の料理人として自分の店を持ちたいと
土日・祝日はホテルの和食厨房でアルバイトもしてるそーです

頑張ってください!

投稿者 : 鮮太スタッフ | 投稿時間 : 2016.05.31 2:10 PM | 商品情報 一覧へ

先頭へ戻る

2016.05.14イサキ (伊佐木・鶏魚)

東北地方以南の日本沿岸から黄海・東シナ海・南シナ海の海藻が多い岩礁域に分布
昼は水深50m程の深みで過ごし、夜になると海面近くに出て捕食します

イサキという標準和名は、磯に棲むことに因んだ "磯魚(いそき)" に由来
他に、幼魚の縞模様が5つに分かれる(五裂)に因るとも言われます

イサキは "伊佐木" と表記される他 "鶏魚" ともされます
これは背鰭が "トサカ" に似ているからで、英語でも "CHICKEN GURNT" です

旬は初夏、この頃のイサキは "麦わらイサキ"・"梅雨イサキ" と呼ばれます

身は赤味かかった白身で、柔らかく脂肪分が多いのが特徴
刺身の他、焼魚、煮魚、洋風にソテーやポアレ、アクアパッツア

栄養的にはバランスが良く、ビタミンAが多目に含まれ、皮膚や粘膜の保護に役立ちます
また、良質な不飽和脂肪酸は成人病予防を助けます

魚体が大きくて鮮度の良い物は、鯛に劣らないと言われるイサキ
今からおいしくなります、 是非御利用ください!


5月15日は 沖縄本土復帰記念日

1951年 アメリカを始めとした連合国と戦争を終結するために平和条約を締結
この "サンフランシスコ講和条約" により日本は "独立国" として承認されました

GHQ(連合国総司令部)による日本本土の占領は終了しましたが
沖縄・小笠原・奄美大島は依然としてアメリカによる統治を受け続けました

順次、日本に復帰しましたが、沖縄は最後までアメリカによる統治を受けます
背景には、東西冷戦の過熱による地勢的・軍事的理由があります

その間、米政府による施政権の元、各地において半ば力づくで基地や施設が建設され
米兵士による悪質な事件・事故が頻発し、日本復帰を望む "島ぐるみ闘争" に発展

ベトナムへ軍事介入したケネディ大統領や、それを泥沼化させたジョンソン大統領は
ライシャワー駐日大使の "本土復帰" 提言にも関わらず返還は実現しませんでした

ニクソン大統領との間で "日米安全保障条約" 延長と引き換えに沖縄返還が約束され
1972年5月15日  沖縄はようやく "本土復帰" を果たしました

しかし、返還実現後も課題は多く残され、在日米軍施設の74%が沖縄にあり
失業率と人口当たりの倒産件数も全国最高レベルです

また、世界一危険と言われている "普天間基地" 移転問題
同じ沖縄県内・名護市辺野古への移転を政府は強行しています

これは "沖縄だけ" の問題ということで、いいのでしょうか!

沖縄の日本復帰を助言したライシャワー駐日大使は、アメリカにおける有数の日本通
それもそのはず、大使は日本生まれ(東京都港区白金台)の日本育ち

アメリカへ帰国後も、ハーバード大学院で日本・東アジアを研究
日本では東京帝国大学(現東京大学)初の外国人特別研究生に

戦後は国務省外交諮問委員会委員として、天皇制や朝鮮半島政策に関わりました

その能力が評価され、日米安保などでぎくしゃくした日本との関係を立て直すため
ケネディ大統領によって駐日全権大使に任命されました

日本人の夫人(松方ハル)とともに、日本生まれの駐日大使として
日本人から大きな人気を博しました

1964年、米大使館前で統合失調症の男に刺され重傷を負い "輸血" を受けました
その際「私の体の中に日本人の血が流れることになりました」と語り、称賛を浴びます

1990年 この時の輸血による "肝炎" が悪化して死去
遺灰は「日本とアメリカの架け橋になりたい」という遺言により太平洋に撒かれました 

現職アメリカ大統領として、5月27日、オバマ大統領が被爆地広島に訪れます
その実現に大きな力を発揮したのがケネディ大統領の三女・ケネディ駐日大使

歴史の因果を感じます!

投稿者 : 鮮太スタッフ | 投稿時間 : 2016.05.14 9:43 AM | 商品情報 一覧へ

先頭へ戻る

月別一覧

先頭へ戻る