ページタイトル

ホーム > 新着情報

2017.03.27トリガイ

漢字で表記すると 鳥貝

食用となる "足" の部分が鳥のくちばしの様だからという説
また、食味が "鶏肉" に似ているからという説もあります

北海道を除く日本、朝鮮半島、中国沿岸の水深数メートルから
数十メートルの内湾に生息します

国内では、東京湾、三河湾、伊勢湾、瀬戸内海などで漁獲があります

トリガイの最上級品といえば、昔は "東京湾物" でした
東京湾のトリガイは身が厚く大きく、それでいて柔らかく甘かったそーです

今では、日本一の産地といえば "三河湾"
銀座の "三ツ星すし店" のお墨付きです(写真は三河湾産6入りサイズ)

旬は太平洋側では春、これを目にすると春を感じます
日本海側では夏に旬を迎えます

しかし、冷凍しても食味が変わらないため年間を通して目にします

生命力が弱く多くは寿命が1年ということもあり
大発生したかと思うと、大量死したり豊凶の差が大きい貝です

この問題に対して京都府立海洋センターは、人工ふ化させて稚貝をコンテナで海中に
吊り下げる養殖方法を開発

「きょうとりがい」「丹後トリガイ」としてブランド化しています

トリガイの価値は、その身色の "黒と白" のコントラスト
黒が剥げ落ちていまえば "ただの白い貝" になってしまいます

そのため、作業には細心の注意を払い、ガラス板の上で行ったりします

また、茹で方が "キモ" で、食感に大きな影響を与えます
シコシコした歯ごたえと上品な甘味、江戸前すしには欠かせないものです

栄養的には高たんぱく低脂質のヘルシー食材
ビタミン・カリウム・カルシウム・鉄分・亜鉛を豊富に含んでいます

どうぞ、春を感じてください!


新横綱としては22年振りの 大相撲幕の内最高優勝

今年初場所後14年振り、日本人力士として横綱となった 稀勢の里関

「 2場所連続優勝かそれに準ずる成績 」 という横綱昇進の内規
これを満たさない昇進に対し各所より、色々な意見がありました

過去にもその内規を満たさないで横綱昇進し、その後1度も優勝することなく
廃業した例もあり関係者にとっても、ある意味大きなかカケだったかも知れません

そんな声に対して "一発回答" は本当に見事の一言です

怪我をおして、最後まで出場し絶体絶命のピンチから千秋楽での逆転優勝
見てる者皆に、感動と勇気を与えてくれました

その一方で、気になるのが、横綱白鵬関の "衰え"
これまで大相撲の屋台骨を引っ張てきた "大横綱" のらしくなさ

"盛者必衰の理" という平家物語の冒頭ににある句
どんなに勢いが盛んな者も必ず衰えるという道理、栄えているものも永遠ではないこと

なんとなく、さみしさを感じます!


投稿者 : 鮮太スタッフ | 投稿時間 : 2017.03.27 12:35 PM | 商品情報 一覧へ

先頭へ戻る

2017.03.14サクラマス

渓流の女王 "ヤマメ" が海に降ったもの

基本的な生態としては海に降って成長し産卵期になって川を遡上することから
一生を淡水で過ごすことが、ある意味例外なのかも知れません

正確には

ヤマメ系サクラマス 河川残留型 = ヤマメ
ヤマメ系サクラマス 降海型   = サクラマス

寒冷な北海道・東北では降海型が多く
中部以南では、標高の高い冷水域に陸封されることが多くなります

本州北部日本海側では、全てのメスとオスの一部が海に降りるため
その地域の川のヤマメは全てオスということになります

体長が10㎝ー15㎝位に成長すると、海に降るようになり
その頃には体表にある特徴的な斑紋(パーマーク)は消え "銀化" します

桜の咲く頃、漁獲があることからその名が付いたとの説がある他
産卵期の婚姻色が "桜色" だからとの説もあります

英名でもズバリ CHERRY SALMON     そのまんまです!

渓流にはヤマメとよく似た "アマゴ" という魚がいます
これが海に降りたのは "サツキマス"

アマゴ系サツキマス 河川残留型 = アマゴ
アマゴ系サツキマス 降海型   = サツキマス

本来、アマゴとヤマメは生息域が違っていたのですが
無造作な放流などにより、生息域がごちゃごちゃになってしまいました

また生息域が混同することで、両者間での交配が進み
中間的性質を持つ個体が発生することが起きています(遺伝子汚染)

由々しき事態です!


3月14日 ホワイトデー

起源には諸説があり、色々な業界が 「 我らこそが・・・ 」 言い合ってるそーです

中でも有力なのは、全国飴菓子工業協同組合が1978年(昭和53年)に提案した
「 キャンディを贈る日 」 としてホワイトデーを提案したことが起源とか!

バレンタインデーが全世界であるのに対し、ホワイトデーは日本の他
韓国、台湾、中国の一部など東アジアのみです

兵士の自由結婚禁止政策に背いて、結婚しようという男女を救うために
殉教した "ヴァレンティヌス司教" にちなみ 制定されたバレンタインデー

その1月後、その2人が改めて永遠の愛を誓い合ったという由来から
3月14日を「ポピーデー」「フラワーデー」「マシュマロデー」などとされています

日本では、ホワイトデーはバレンタインデーの "お返し" の意ですが
欧米では、恋人同士がプレゼントを "贈り合う日" だそーです!

2016年 阪神百貨店が行ったアンケートによると
45%の女性がホワイトデーの返礼に "ガッカリした" とのこと

また別のアンケートでは、希望する返礼品の中で "菓子類" は、第2位

第1位は アクセサリー だそーです

さすがです!

投稿者 : 鮮太スタッフ | 投稿時間 : 2017.03.14 11:01 AM | 商品情報 一覧へ

先頭へ戻る

2017.03.03本?ボタンエビ!

タラバエビ科 ボタンエビ(牡丹海老)

体色は橙赤色で赤い斑点があり、これが牡丹の花のように赤いのが由来
死後、時間の経過とともに黄色味が強くなります

土佐湾から北海道・噴火湾までの水深300mから500mの太平洋側に生息
日本海側には生息していません!

丹後から北陸、北海道にかけての日本海側でもボタンエビは水揚げされている・・・?
ちょっと、不思議に思う方もいらっしゃるかと

これは標準和名で "トヤマエビ" と言われるもので
その名のとおり、富山湾を始めとした日本海側に生息しています

日本海沿岸からベーリング海の水深100mから300mと
ボタンエビに比べると浅い海に生息し、今では北海道が一番の漁場となっています

トヤマエビは北海道・噴火湾周辺では、昔からボタンエビとの地方名があり
標準和名の本家 "ボタンエビ" が余りにも少ないことで、とって代わられました

トヤマエビは明るい朱色の体色に褐色の横縞があり
胸部(頭部)に白い斑紋が散らばっているのが特徴(写真のエビにはありません)

タラバエビ科としては比較的浅い海にいることから、古くから知られた存在で
流通量の違いから "通称ボタンエビ" とされ、今では特に区別しません

更に、複雑にしているのはカナダ、アラスカから輸入されている ボタンエビ
流通上はボタンエビとされていますが、全くの別種です

これは、ボタンエビでもトヤマエビでもない "スポットプラウン" という物です

市場ではスポットエビ、カナダボタンなどと呼ばれ、トヤマエビの代用として
回転すし屋さんなどでは、フツーに "ボタンエビ" としています

本家ボタンエビが、トヤマエビにとって代わられ
トヤマエビの代用にスポットエビ・・・・・何が本物なのか、わからなくなります!

「 ししゃも 」ではない 「 カペリン (カラフトししゃも)」 という魚を
姿が似ていることで 「 ししゃも 」 と認知されるようになったことのよーです

そのため "本家" は "本ししゃも" と呼ばれるようになり
ボタンエビも将来 "本ボタンエビ" なんて言われるようになったりするかも!

しかし、どのエビも食味は優れ、甘味が強くねっとりした濃厚な味わいがあります
熱を通しても縮まないので焼き物・揚げ物も良いですが、やっぱり刺身が最高

ちょっとお高いのが "玉にキズ" です!


3月3日(ひなまつり) = 桃の節句

節句とは季節を分ける節目で、中国では奇数が重なる日は悪いことが起こるとされ
その災いや邪気を払うために "祭り" を行ってきました

この日に "桃の花" を飾るのは、桃には邪気を払う力があるとされているから
そして、もともと旧暦の3月3日ということで、現在と1か月程季節が違っています

現在に直すと4月頃、桃の花が出る頃で季節的も合います

また、草や紙で作った人形(ひとがた)に自分の穢れを付けることで
厄や災いを移して川に流す "流し雛" が行われるようになりました

それがより精巧で豪華になってきたため流すのを止め、飾るようになりました

ひな祭りにはハマグリが食されますがハマグリは "蝶番" の部分が個体ごとに異なり
始めから対になっているもの同士でしか絶対に会いません

理想の夫婦の "象徴" としてとらえられていて
「 良縁に恵まれるように 」 との親の願いが込められているそーです

"割れ鍋に綴じ蓋" って感じでしょーか!

投稿者 : 鮮太スタッフ | 投稿時間 : 2017.03.03 9:12 AM | 商品情報 一覧へ

先頭へ戻る

2017.02.21高足(高脚)ガニ

日本近海に生息し "節足動物" としては世界最大になります

節足動物とは、固い殻(外骨格)と関節を持ちエビ、カニなどの甲殻類や
膨大な種の昆虫類など、全動物約110万種の3/4、80万種を占める最大の動物群です

その中で最大になる物で、両手(足?)を広げると最大4m、重さは19㎏にもなります
写真ではその大きさが分かりませんが、三河産の15㎏物・・・・・なかなかです!

高足ガニはカニの中でも系統的に古い種 "生きた化石" と呼ばれたりします

生息域は岩手沖から九州までの太平洋岸で東シナ海、駿河湾、土佐湾など
日本近海の固有種と思われていましたが、台湾東方沖でも見つかっています

桜エビもそーですが駿河湾・相模湾にしかいないと思われていたものが
台湾沖で見つかったりと、何か共通点があるのでしょーか!

水深180mから800m、特に200mから300mの砂泥底に生息し
春の産卵期を迎え水深50mの浅場に移動してきます

名前の通り、足が非常に細く長いのが特徴で成体のオスは鋏脚より長くなります

大正時代の初期から底引き網漁で水揚げされていましたが
「 水っぽくて美味しくない 」 などから、当初は見向きもされませんでした

近年では、伊豆・戸田(へだ)の地元・名物料理として観光資源になっています

漁期は9月から翌年5月までの間、寒くなると身は引き締まり
カニミソの量が増え美味しさが増します

「 水っぽくて大味 」 などど言われますが、実際は大変美味
ただ調理が難しくボイルする時も、一つ間違えると身が解けてしまうため技量が必要です

オスよりメスの方が美味しいと言われていますが、いずれにしても自宅調理は困難
こればかりはその地で、事がわかった人にお任せしたほうがよさそーです!

食用の他には、おとなしい性質で飼育がしやすく目を引くことから
水族館で飼育されてりしています

変わったところでは装飾用の剥製や
甲羅に絵をかき魔除け用として玄関に飾ったりします

高足ガニはオスが獲れるところでは全部オス
メスが獲れるところでは、全部メスで混ざって獲れることはないようです

深い海の底で、どんな暮らししてるんでしょう?


2/16九州、関東、北陸、四国に続き、2/20東海、近畿でも "春一番" を観測しました
春一番が吹いた日は気温が上昇します

しかし、翌日には寒さが戻ることが多く "寒の戻り" となります
お約束通り、本日は同じ強い風でも "冷たい風" が吹き荒れています

"春一番" の発生・認証は地域、気象台によって多少異なりますが
「 立春から春分の間に吹く南寄りの強い風 」 を指し、前日に気温が上昇します

これは決して春の訪れを表してるのではありません

同じように "小春日和" という言葉も、その雰囲気から "春" を感じますが
実際は 「 晩秋から初冬にかけての穏やかな晴天 」 を表す "冬の季語" です

春一番はかつては、漁業関係者の間で海難事故防止のために使われた言葉
1950年代位から、マスコミで使うようになり一般化しました

強い風と乾燥した空気、火事にも大いに注意が必要です(危)!

投稿者 : 鮮太スタッフ | 投稿時間 : 2017.02.21 1:18 PM | 商品情報 一覧へ

先頭へ戻る

2017.02.13駒豆(枝豆)!

この姿を見ると風呂上りにビールと・・・・・
いやいや、全く.そんな気になれないような寒さが続きます

全然時期ハズレのように感じてしまいます

実際、枝豆の本格出荷は5月下旬
しかし、静岡市清水区ではハウスで1年中栽培されています

駒豆・その名前はこの枝豆が栽培されている清水区駒越地区に由来します
12月から4月までの期間は日本中でも、この地でしか出荷されません

味と見た目に優れ、高級料亭でも使われていますが
何といってもその特徴は "枝付き出荷" 

これにより、出荷後も養分と水分が豆に送り込まれ通常の枝豆に比べ
鮮度が保たれた状態になっています

枝豆は枝豆という名の植物が存在するのではなく、大豆の未成熟で青い物のことです
即ち、枝豆と大豆は収穫時期が異なるだけで同じ物

ただし大豆として成熟させて収穫するのに適した品種と
枝豆として未成熟時に収穫するのに適した品種が、別に存在しています

それを枝に着けたまま茹でたことから "枝付き豆" や "枝成り豆"
などと呼ばれ "枝豆" となりました

枝豆の元となる大豆は中国北東部で "弦豆" として4000年以上前から栽培され
日本には縄文時代に米とともに伝わってきました

それが現在のような形で中国で食されるようになったのは比較的最近のことで
日本軍が中国に出兵するようになって伝わった "逆輸入品"

2000年頃からは北米・ヨーロッパでも食されるようになり
「 Green Soy beans 」 「 edamame 」 と呼ばれ、日本風居酒屋の定番になってます

たんぱく質が豊富でビタミンC、B1、B12、βーカロテンなどのビタミン類も豊富
多くの栄養素を備えています

ちょっと時季を先取りしてますが、それもありかも・・・!


2月11日は 建国記念 "の" 日  "建国記念日" ではありません

この日に日本が建国されたかどーかは判らないけど、日本という国が存在するから
"建国" されたことをお祝いしましょうという祝日です(なんのこっちゃ?)

これは、明治時代の祝日=紀元節を元にしています

初代天皇・神武天皇が即位した日を日本の起源とするとして1872年に制定
天皇の権威を内外に知らしめる目的で制定されました

そもそも、神武天皇の存在自体が曖昧で実在したかどうかもはっきりしていません

敗戦により、天皇を中心とする制度を変更するためGHQによって廃止
その後、1966年(昭和41年)に再度、制定

「 正確な起源が分からないのに建国記念日を定めることはできない 」
という議論がありましたが "の" を入れることで一応の決着をみました

ということで、日本がいつ建国されたかは今もって正確には分かっていません!

しかし国家としての日本・日本文化は長い月日をかけ形成され
世界に冠たる確固とした現在の姿を作り上げています

神ならぬ "人間・今上天皇" 
守るべきは守り、時代に即し変えるべきは変えるという姿勢

国民統合の象徴として、日本国の姿をあらわしています(敬)!

投稿者 : 鮮太スタッフ | 投稿時間 : 2017.02.13 10:21 AM | 商品情報 一覧へ

先頭へ戻る

月別一覧

先頭へ戻る